MENU

ラーメン食べたら筋トレやダイエットに悪影響があるの?

ラーメンって食べてしまったら、筋トレとかダイエットに悪影響があると思われているケースが多いです。

まあ、確かにそれだけ食べていたら、栄養が足りないですし、脂質とか炭水化物の過剰摂取になるかもしれません。

世の中にはラーメンが大好きという人は多いですよね。

ダイエット目的の筋トレ期間中にラーメンは良くないと思われがち

私も例に漏れず麺類派なので、時々無性にラーメン屋巡りがしたくなります。

そんな衝動を必死で耐えて、筋トレとかダイエットを頑張るみたいな人も多いと思われます。

私自身も以前は、ラーメン食べるとダイエットに失敗するみたいに思い込んでいました。

でも、筋トレやダイエットの栄養摂取について学んでからは、あまり無理して我慢しなくなったのです。

ラーメンが筋トレやダイエットに悪いわけじゃない

はい、別にラーメン自体が、悪い影響を及ぼすわけじゃないからですね。

最初は、ラーメンを食べながら、何とか筋力アップとかダイエットができないかと考え始めました。

そして、自宅でよく食べたくなるインスタント系から専門店で食べるものまで、色んなラーメンを調べてみたのですよ。

ラーメンには高タンパクだったりカロリーが低めのものも存在

すると、上手に選択して食べたら、タンパク質補給で意外とバランスが良いものとか、カロリーが低めのものまで発見しました。

一番口にしたら駄目っぽい雰囲気があるインスタントラーメンでも、実は割とイケたりするからビックリですよ。

それでもカロリーが気になるのなら、HMBみたいな便利なサプリメントを使って細かく調整すれば問題ありません。

何だか悪影響がありそうだから、筋トレやダイエット期間中は、絶対にラーメンを食べないなんて考える必要はなかったのです。

ラーメンでも筋トレの活力になるぞ

ラーメンが筋トレの活力になるとか、普通は考えませんよね。

むしろ、頑張って筋トレするなら避けて通る人の方が多い事でしょう。

でもエネルギー源という点から見ると、ラーメンを筋トレ前に食べる事は悪くありません。

ラーメンはエネルギー源としては割と優秀

麺類にしても米にしても、炭水化物達は運動するパワーになってくれますからね。

当然ながらラーメンは炭水化物が主体で、その具達は何気にタンパク質が多かったりします。

チャーシューいっぱい入っていたりすると、あっという間にタンパク質が20gとか超えます。

はっきり言って、タンパク質だけならプロテイン並のものがあったりするからスゴイですね。

ラーメンは意外と高タンパク質

モチロン、脂質が多いのは難点ですが、シンプルに筋トレの活力としては良い食品と思えてきます。

実際に筋トレ前に、ダイエット無視でラーメンとごはんとか食べると、やたら力が出ますからね。

今日は新記録にチャレンジするぞと思った日は、敢えていっぱい炭水化物でエネルギーを蓄えるのもありでしょう。

増量期はラーメンも増量できます

あと当たり前ですが、増量期には、全く気にしないで大盛りのラーメンとか食べても大丈夫です。

筋肉を増やす時は、脂肪も一緒に増やす方が話が早かったりします。

鍛えながらだと、少しプヨっていても、何故か重い負荷に耐えられるから不思議です。

このような理由から、ラーメンは筋トレの活力になってくれる食品と言えます。

ラーメン食べてダイエット用に筋トレしたら太っちゃうの?

ラーメンをダイエット用の筋トレ期間に食べるなんて無謀、絶対激しく太っちゃうと大多数の人は思っているはずです。

どうも世の中では、ラーメンは太るためのアイテムみたいな扱いになっていますね。

しかし実際は、ダイエットは1日のトータル摂取カロリーと運動のバランスで、全ての結果が決まるのです。

だから別に1食くらいラーメンを食べてしまったからといって、いきなり太る事が確定するわけではありません。

ラーメン単体では太る可能性は低い

例えば、朝からしっかりと有酸素運動や筋トレなどをやって、朝にサラダや鶏のささみを食べていたとしましょう。

そして午前や午後の間食はHMBなど低カロリーのサプリを窃取して、ほぼゼロカロリーで過ごしたとします。

その後、昼食で袋のインスタントラーメンに野菜を入れまくって食べても、大きな影響はありません。

むしろ、普通にコンビニ弁当や外食するより、遥かに摂取カロリーが下がる事でしょう。

ラーメンを上手に活用すれば摂取カロリーが下がるかも

ラーメンでダイエットに失敗するのは、通常の食事に追加して食べてしまうからです。

一番やってはいけないのは、夕食後、寝るまでに夜食として食べる事ですね。

この寝る前の時間は、ラーメンに限らずダイエット中は、絶対にカロリー摂取を避けたい時間帯と言えます。

普段の食事に上乗せする形にしなければ、ダイエット用に筋トレしてる時にラーメン食べても、太っちゃう可能性は低くなるのです。

ラーメンの中身を知って筋トレやダイエットに活用しよう

ラーメンの中身を知ると、筋トレやダイエットに上手く活用できるから面白いですよ。

まず筋トレでパワーアップを目指す場合は、特にカロリーを制限しない方が良いです。

実際にやってみると理解が早いですが、脂肪だろうが筋肉だろうが、とにかく太っていった方が力が出ます。

筋力アップ中は脂肪も筋肉も付けた方が楽

不思議なくらい、どんどんトレーニングの負荷を上げる事が可能だから楽しいです。

ただ、見た目と言うか、太り方がスゴイので、途中で怖くなるかも知れませんね。

こんなパワーアップ中は、有名店のデカいラーメンとかガンガン食べても問題ありません。

いやむしろ、替え玉とかバッチ来いという感じですね。

外食のラーメンは高タンパク高カロリー

ちなみに外食のラーメンの中身をチェックすると、超高タンパクでカロリーもスゴイです。

だからこそ、筋力アップ狙いの時は、思いきり役立ってくれる訳ですね。

そんな食事をしながら、プロテインとかHMBを追加で摂取すると、ガンガン成長が促せます。

逆にダイエット中は、こういったお店でラーメンを食べるのはやめておいた方が良いです。

ダイエット中に即席麺が案外使える

実は、ダイエット中でも大丈夫なラーメンは、生麺を買ってきて自分で上手く調理するか、即席麺から選択するべきだったりします。

自作するパターンが最強なのは当然として、テキトーに即席麺の中身を見ていきましょうか。

すると少し見ただけでも、何気にその辺で買ってきた弁当の半分以下のカロリーで済むものが、割とあるから驚きますね。

即席麺のカロリーとタンパク質

それでいて、大体タンパク質も小さな袋麺でも10g前後入っているとか意外です。

だからダイエット中でも食べるタイミングやHMB等のサプリ次第で、普通に食事に導入可能だとわかります。

このようにラーメンの中身を知っておけば、筋トレやダイエットに活用が可能となります。

インスタントラーメンは意外と筋トレとダイエットに悪くないぞ

インスタントラーメンが、意外とダイエット中の筋トレにも悪くないとわかってきました。

では、どうやってインスタントラーメンを使っていくか解説していきます。

食べるタイミングですが、これは夕食以外が良いでしょう。

ダイエット中にラーメン食べるなら夕食以外が良い

かなり意外だと思いますが、朝ラーメンとか割とありです。

朝はダイエット中でも、炭水化物をガッツリと食べた方が良いので、むしろ大歓迎ですね。

普通だったら駄目な少し高価な大きなカップ麺とかでも、朝一番なら割と大丈夫だったりします。

勿論ですが、昼や夜の食事は、しっかりと調整しないと駄目ですよ。

ラーメンを食べる時は1日のバランスを考えよう

ダイエットは、何だかんだでトータルのバランスが、滅茶苦茶大事ですからね。

あと筋トレも行っているので、タンパク質の補助も考える事が重要です。

具材に高タンパク質食品を入れたり、ダイエット中なのでHMBのような1日数キロカロリーで済むサプリを使う感じですね。

慌てて間食でプロテインを飲みすぎると、密かにカロリーオーバーとかしちゃうので、少し注意が必要です。

安売りされる事が多いカップ麺は使える

ちなみに昼食でインスタントラーメンを食べる時は、スーパーで安売りされる事が多いシンプルなカップ麺が割と使えます。

なんと300kcal台とか普通にあるので、タンパク質摂取量さえ調整すれば、とても便利ですよ。

そんな訳で、インスタントラーメンは意外と筋トレとダイエットに悪くないとわかりました。