MENU

ごはんを食べるタイミング次第で筋トレ効果が上がる?

ごはんが筋トレ効果を上げる要素になっていると知っていると、かなりトレーニング効率が上がります。

よく食事の後は、すぐに運動しちゃ駄目とか言ってる人がいます。

でも、実は食べた直後でなければ、筋トレは行っても良いというか、とてもやりやすくなっているのです。

どういう事かというと、ごはんのような炭水化物は、力を入れる時のエネルギーになっているからですね。

ごはん食べて筋トレ効果を上げていこう

空腹の時を想像するとわかると思いますが、悲しいくらい力が入らないはずです。

こんな時は、HMBとかプロテインのようなサプリメントだけ飲んでも大した威力を感じません。

逆にごはんをいっぱい食べて、満腹感が無くなる程度まで休憩してから重い物を持ち上げてみると、何だか力が漲っていると思います。

もしも、ごはんを食べないで、エネルギー枯渇状態で筋トレを始めると、下手すると今ある筋肉を分解してエネルギー源にされちゃう可能性があるのです。

ごはん食べて30分から1時間くらいで筋トレスタート

だから、筋トレ前にごはんはしっかりと食べておいて、30分から1時間程度おいてからトレーニングを始めると良い感じです。

こうやると、食べた物が筋トレで消費されるだけなので、筋肉が分解される事はありません。

せっかく筋肉を付けたいと思って筋トレしているのに、栄養不足で減ってしまうとか嫌ですからね。

良いタイミングでごはんを食べて、充実した筋トレを継続したいものです。

ごはんを減らして筋トレしたらどうなる?

ごはんが筋トレを行う時に影響がある事はわかったけど、もし減らして食べたらどうなるのでしょうか?

当然、筋トレ前は、それなりに沢山ごはんを食べておいた方が、パワーは出力しやすいです。

でも、体脂肪を減らしたい時とか、さすがに炭水化物の大量摂取は、あまりよろしくありません。

そこで、ちょっと脂肪が付きすぎたなあ、なんて思った時には、ごはんの量を変えていきます。

ごはんを減らした茶碗

確かに、スパッとごはんをゼロにして、野菜やタンパク質中心の食事に変えるのもありです。

しかし、これから階級別の格闘技の試合に出たりするわけじゃないのなら、そこまでやる必要はありません。

単純に、バランスが取れた筋肉質な肉体を目指すなら、体脂肪を減らしたい時は、夕食のごはんを半分にする事から始めると良いでしょう。

ごはんを減らして筋トレすると言っても、朝、昼、夜と食事の時間で量は変わります。

ダイエット中は、基本的に朝と昼は普通にごはんを食べます。

体脂肪の調整はごはんで行うとイイ感じ

さらに間食代わりにHMBサプリメントを飲むと、筋肉が落ちにくいので、より効果的です。

そして夜で調整すると、早く効果を感じられるはずです。

ただ、筋トレ前の食事で、ごはん等、エネルギーとなる食品を食べてなかったら、とても辛い運動になりますよ。

でも夜に筋トレする場合、夕食を早めに食べて、そこではごはんを普通に食べておいても問題無い時があります。

それは夕食後に、とてもハードに筋トレする場合です。

夕食後のハードトレでカロリー消費

筋トレによって、かなりのカロリー消費する自信があるのなら、ダイエットを始める初期は、夕食を普通に食べてから夜にトレーニングするのもひとつの手ですね。

ただトレーニング後のプロテインやHMBなどのサプリは忘れずに・・・。

そして、体脂肪は体重が減らなくなったら、そこで初めてごはんを減らせば良いのです。

とは言っても、あくまでも少しずつごはんの量を調整する事が大事です。

一気にごはんを減らすと、身体が早く慣れてしまって、筋トレや有酸素運動をやっても体脂肪が減らなくなってしまいますからね。

ごはんを大盛りにして筋トレする理由

ごはんを大盛りで食べまくって筋トレすると、やたらパワフルな動きができるわけですが、効果はそれだけじゃありません。

細身の人が大きな筋肉を付けていきたい時にも、実はごはんをいっぱい食べる行為は役立ちます。

ごはんを大盛りにすると、まず摂取カロリーが増えます。

シンプルですが、これは身体を大きくするためには、とても重要です。

ごはんを大盛りにした様子

ガリガリな身体に筋肉を付けていく時は、脂肪も増えてしまう事を恐れてはいけないのです。

結局、摂取カロリーが増えないと、筋肉も大きくなってくれません。

こんな場合はHMBサプリメントよりも、カロリーアップのために増量向けのプロテインをミルクと一緒に飲むのも有りですね。

あと、ごはんの大盛りは、活動エネルギーとなるので、より大きな負荷へチャレンジできるようになります。

筋肉を発達させるには、何だかんだで重いウエイトや負荷が必要になってきます。

重いと感じる基準は人それぞれ

ただ、ここで言う「重い」という意味は、トレーニングする人自身が重いと思えば、それが例え1キロであっても問題ありません。

そこを勘違いして、無理矢理大きな負荷に挑戦して、いきなり怪我でリタイアとかしてはいけませんよ。

とにかく、ごはんを大盛りにする目的は、筋トレして身体を大きくしたり、パワーアップしたりするという事ですね。

まずは、筋トレで何をしたいのか、そこを考えてごはんを大盛りにしたり減らしたりしていきましょう。

ごはんを朝食でいっぱい食べて筋トレだ!

ごはんは朝食でいっぱい食べる人は、全体的に見ると少数派だと思われます。

中には朝食を食べないとか、パンを少しかじってコーヒーだけとかいう人もいる事でしょう。

でも、筋トレをして大きな成果を出したいなら、朝食はいっぱい食べた方が良いのです。

ごはんは太りやすいからといって敬遠されがちですが、朝食は基本的にいっぱい食べるべきなのです。

朝食はコーヒーだけでは足りない

何故かというと、朝食の前の食事は、前日の夕食となります。

そこから朝まで、かなりの時間が経過しているのですよ。

夜だから寝ている時間が多いとは言え、朝はエネルギーが身体からなくなった状態です。

それなのに、朝はコーヒーだけで、いきなり仕事や学校に出かけるとか無茶だと思いませんか?

しかも、そんな状態を毎日繰り返して筋トレなんてしても、効果が半減するのは当然です。

おそらく、朝食をおろそかにしている人は、午前中に集中力が下がりまくっていると思われます。

ダイエット中でも朝はごはんを食べるのが基本

実は意外とダイエット中でも、朝だけは普通に食べても意外とイケちゃいます。

それは朝食は、空っぽな身体に活動に必要な燃料を補給しているだけだからですね。

朝食べた分は、脂肪へ流れる余裕が少ないと言えるのです。

そしてHMBのような低カロリーサプリを併用していけば、余計な体脂肪が増えにくくなっていきますよ。

だから朝食では、ごはんをいっぱい食べて、気合いで筋トレすれば良いと言えます。