MENU

食事で何を食べたら筋トレの効果がアップするの?

食事で筋トレ効果を加速させるには、一体何を食べたら良いのか、初心者なら迷う所です。
いきなりプロテインやHMB、アミノ酸などのサプリメントだけに頼ろうとしてしまいがちですが、基本はあくまでも食事。
一番重要なタンパク質と炭水化物を知って、また筋トレ行為自体の補助になるものも知っておくと、スタートダッシュを決める事が可能です。
では、筋トレをしている時の食事で役立つ、それぞれの食品に注目していきたいと思います。

 

ツナ缶は筋トレの王道食品

ツナ缶は筋トレのパートナー

 

ツナ缶と言えば、マグロやカツオといった高タンパク質な魚の缶詰です。
昔から筋トレする時の栄養補給で超役立ってきた、王道とも言えるパートナーですね。
そんなツナ缶の細かい種類や食べる時の注意点があるので、初心者は知っておいて損はありません。
持ち歩く事も簡単なので、食事だけでなく間食でも活躍してくれますよ。
HMBやプロテインといったサプリメントを使わなくても、最初はコイツだけでも活躍してくれます。

 

チカラを出したいならごはんを食べろ

ごはんは筋トレの時に重要な炭水化物補給源

 

ごはん、いわゆる白米は、筋トレして体脂肪を減らす時の食事では、邪魔になる食品だと思われています。
実際、ごはんを食べずに野菜とタンパク質中心に食事をすると、確かに痩せはします。
でも、実はごはんはダイエットの時でも、重要な食品だったりするのです。
上手にご飯を食べて、筋肉増加もダイエットも両方成功させちゃいましょう。
ごはんを上手に食べて、HMBサプリメントなどのパワーも効率的に吸収できると、当然結果は早く出ます。

 

野菜は筋トレとの相性は抜群な食品

 

野菜は筋トレをしている時には、超使える食品です。
野菜と言えばビタミン類ばかりがピックアップされがちですが、実はそれだけじゃありません。
ガリマッチョを目指す時にもゴリゴリのマッチョを目指す時にもいっぱい食べちゃいましょう。
とにかく野菜好きになったら、バキバキボディになったも同然かも?
脂肪を削る目的でHMBを使う時の相性も抜群!

 

魚は筋トレ時の素晴らしいタンパク源

 

魚を1日に何回も食べるという一流ボディビルダーがいるくらい、筋トレの時には重宝する食事となります。
高タンパクなのは言うまでもなく、普通にカルシウムもゲットできるし、脂肪も付きにくいから素晴らしいですね。
高タンパク低カロリーな魚をいっぱい食べて鍛えまくって、強い肉体を手に入れたいですね。

 

卵は筋トレの食事としては最強レベル

 

卵と言えば、朝から生で丸呑みしてハードに鍛えるみたいな印象が、多くの人にはあるみたいですね。
でも、実際の所、美味しい食べ方をしても充分筋トレ効果を高める食品です。
メインの食事でもおやつでも便利に使える卵は、筋トレ系食材としては最強レベルと言えます。
上手に沢山の卵を活用して、強靱な肉体を目指していきたいですね。